171004 本が好きなので本屋の作戦に喜んで引っかかってみる。

最近、我が街の本屋がドンドンお洒落になっている

店頭にて本屋がなくなったらどうする? という特集コーナーが出来ていました。

本好き、本屋好きは飛びつきますよね…。
そこにある本の中でいろんな方が薦めていた【ヨーロッパ退屈日記】購入。

映画監督の伊丹十三しか知らない私には新鮮です。
あっ家族ゲームで役者さんしていたのを思い出しました。

この本、私が生まれる前の本のようです。面白そうです!

さて、そんな事より本屋の話です。

最近、我が街の本屋はスタバがくっついたり、ほぼ日weeksが並んでいたり…
ひと昔前では考えられない街の匂いがします!

お客様は私を筆頭にまだまだだシティーボーイではありませんが…。
いずれにせよ、中心部よりもとても離れているこの街は、自力で発展するしかありませんので、色んな物ができ始めています。

なかなか住みやすくていいものです。
 同時にお客も育たなくてはいけません!これはどこでも同じこと。
箱が立派でも中身がスカスカでは格好がつきませんよね。

箱と同時に成長していきたいものです。
では最近疲れ気味なので、少しだけ本を読み進めて寝ますzzz


ちなみに、ムスコは今日も父親ソックリのおたふくです。
お大事に!


POPEYE特別編集 本と映画のはなし。 (マガジンハウスムック)

マガジンハウス (2017-07-19)
売り上げランキング: 9,378
伊丹 十三
新潮社
売り上げランキング: 4,135

0 件のコメント :

コメントを投稿