170629 方向性をそろえる…

これがなかなか難しい

ここ数日の活動はうまくいかない事ばかり。どうしたものかと困り果てている空気が流れ始めている。
危機感を感じている人間が一部、気付いているけどアクションを起こせない人間が一部。
関係ないと思っている人間、自分には甘いが今は自分に目が向いてこないので急に周りに厳しくなる人間も一部。

これだけ書いていたら間違いなく成熟しているチームではないということがよくわかる。
今週は次のチームに向けて試運転。つまりテスト走行!

ここでたくさんのミスを発見することで予選や決勝レースにつなげるはず。
つまり、データを集める期間です。であるにも関わらず、ミスを恐れてアクションを起こさないものだから結局、何のテストにもなっていない。

ミスには積極的なものと消極的なものがあり前者をできるだけ集める期間であるのだが、どうもダメらしい。


気付いたり危機感を感じているのはTOP層のみ…
方向性をそろえる難しさをリーダーたちが実感している模様です。

今週も残りわずか…


奇跡を起こすのも自分たち期待して見守りたい。

読書

結果を出すのに必要なまわりを巻き込む技術
小林 正典
ポプラ社 (2016-10-07)
売り上げランキング: 37,823
周りを巻き込みまくってほしいなぁ…
著者曰くプロフェッショナルとは…
【上下関係とか立場を越えて、共感によって人を動かせる人その共感を得るためには、成功へのビジョンを抜群の解像度で指し示す、それができる人。そう思います。】
TVで発言されていました。そこが頭に残っていたのでこの本をほんだわけですが、いろんな意味で周りを巻き込んでいきたいですね…。

0 件のコメント :

コメントを投稿