あまりエアコンの効いていない都会の喫茶店にて・・・



田舎者は何故か都会に憧れる。


広島市の割と人が多い場所で育ち、京都府中部の緑に恵まれたところに引っ越してきた時の寂しさは、30年近くたった今でも昨日の事のように覚えている。

高校も地元。大学はもっと田舎の漁師町へだったので、今でも都会に暮らしたい想いはある。

http://www.flickr.com/photos/47515486@N05/14235380105

photo by ohefin





私とは逆にずっと都会で過ごしてきた人たちは田舎に憧れて田舎暮らしをしたりする。

デュアルライフをしている人たちも【東京とニュージーランド】【東京とハワイ】などととてもすてきな暮らしをしている人もいればずっと世界中を旅して回っている人もいる。

そんな人たちの住む田舎町は私が育った田舎町より素敵な気がする。同じ田舎なのに・・・

結局は素敵に暮らしている人は楽しんでいるのだ、無いモノに憧れて妄想したりはしていない。目標にして達成しているのだ。

私にも素敵な目標が必要だ。

待てよ・・・

私にも!

と言っている時点で憧れと妄想がスタートしている。ダメだ。意識が低すぎる。これこそが、その考えこそが田舎者なのだ。自分や今に誇りを持ち楽しむことこそが心豊かになれる筋道だ!物まねしていてもあくまでそれはコピーでしかない。スーパーコピーになったとしてもやはりコピーに過ぎない。




自分らしく毎日を楽しもう!


忙しいなどと言っている場合ではない。頑張れ自分!

http://www.flickr.com/photos/40418474@N00/4412417526

photo by ~Oryctes~



・・・とエアコンがあまり効いていない都会の喫茶店でキーボードを打ちながら考えていた。

空調に不満を漏らしているという事はここは私には向いていないのだ。

さぁ田舎に帰ろう。

あそこには楽しい毎日が待っている。

お楽しみはこれからだ。



0 件のコメント :

コメントを投稿